自律神経失調症は治療で改善できる|辛い心を解き放とう

神経と体の不調

栄養補助食品

処方薬とサプリメント

仕事や学校、家庭のストレスが多い現代では自律神経失調症を抱える人が年齢を問わず多くいます。自律神経失調症の治療は主に心療内科での処方薬を用いますが、それに加えてサプリメントを使うことも効果的です。自律神経は体温調整など、日常的な体の働きを保つ役割を果たす神経です。この神経のホルモンバランスが乱れることを自律神経失調症と呼び、治療ではホルモンを整える薬品を使います。直接的な効果のある投薬治療ですが、副作用の関係で十分な服薬ができないことも多く、その際にサプリメントが活躍します。ホルモンに直接は作用しないものの、ビタミンやミネラルを補うサプリメントを摂取することで体の不調を最小限に留めることができます。

食生活を意識しよう

自律神経失調症の治療において、食事や睡眠、運動といった生活習慣を整えることが課題となります。しかし、症状が現れているときは特に食生活が乱れがちで、栄養不足に陥ることがあります。自律神経失調症に対してサプリメントを用いる場合、食生活の中で足りない栄養素を補うことを意識しましょう。サプリメントの選択では、まず基本的なものとしてマルチビタミンとマルチミネラルを摂りましょう。これらは不足しがちな栄養素を吸収しやすい形でまとめて補うことができ、食欲がない時に体調の維持に貢献します。マルチ系のサプリメントを摂取した上で、便通が悪ければ食物繊維や乳酸菌のサプリメントを使うなど、症状に合わせた健康食品を選ぶようにしましょう。